手持ちの受信機はフタバR3008SBとファントム2受信機です。
フタバR3008SBはS-BUS出力と従来チャンネル出力が両方有るのでどんなフライトコントローラーでも使えますが、ファントム2受信機はS-BUS出力だけなので使えないフライトコントローラーがあります。

ファントム2受信機の左側出力端子がS-BUS出力です。右側は何のためにあるか不明です。使用できるフライトコントローラーはDJI NAZA-M Liteは当然なんの問題も無く使用できます。PX4 Pixhawk Lite はS-BUS・PPM専用なので使用可能です。


左はCC3D EVOでS-BUS認識しませんでした。中央のCC3DはS-BUS認識しました。ほぼ同じ回路構成でなぜ差があるのか謎です。
右のFlip32 NAZE32はCPPMと従来チャンネル専用なのでS-BUS認識しませんでした。