Sky-Hero Anakinのテスト飛行をいつもの河川敷公園で行いました。


テスト飛行はFPVでは無く、目視飛行で行いました。
NAZE32フライトコントローラーのPID設定は200g未満ドローンと同じ3パターンを試しました。

最初の飛行は季節風が強く、機体が流される悪条件だったので余裕が無く電池2本で切り上げました。
飛行テストで200g未満ドローンと同じPID設定ではジャイロの効きが弱いと感じました。

ネット上で250クラスドローンのPID設定を3種類探して、NAZE32にセットしました。

翌日再度いつもの河川敷公園でテスト飛行を行いました。
天気が良くほぼ無風だったので快適なテスト飛行が行えました。



ホバリングをプロポ手放しで撮影できる余裕のある安定感でいい感じです。

6インチ3ブレードプロペラを使用しているため比較的軽快に離陸可能でした。

プロポを前進にすると結構前傾してスピードが出て怖いです。

今回の機体はAcro Afro Naze32 Rev6 FULL バージョン フライト コントローラーを使用しました。

製造メーカー名入りで中国製のコピー品では無いと思いますが、FULL バージョン とAcro仕様の違いは今のところ感じられません。

今回の機体でアーム・ディスアーム操作がスムースにできない不具合がありました。
使用しないLEDストラップ機能の停止等色々調整してほぼ改善されました。

キャノピーがあり、大型で機体の方向が分かりやすいので200g未満ドローンの飛行範囲半径50m程度が100mぐらいまで飛行範囲が伸ばせそうです。



3種類試したPID設定の中で快適に飛行出来た設定です。
11.1V 1800mAhバッテリーを使用して飛行時間は約10分でした。



テスト飛行後に若干の不満点があり改良しました。

キャノピーが全て白だと方向がやや分かりにくいので、正面と左右にオレンジ色のシールを貼りました。

前後のLEDを機体下に付けていましたが、前側は前傾して見えにくいので前のLEDは前のカーボンパイプアーム下に変更しました。



セッテイング用治具の使い方の図がSky-Heroホームページにあったので、使用して見ました。



セッティング治具はアクリル製とポリカ製の厚さが違う同じ形状のものが付属しています。

フロント用のFとリヤ用のRの文字が後ろ側になる位置でカーボンパイプアーム先端のプラスチック部分の平らになっている部分に治具のスリットをはめ込んで床に水平になるようにパイプを回転して左右のパイプの角度を合わせる使い方でパイプを固定しているビスを緩めて修正しました。