Diatone 2018 GT-M3 130とTarot TL130H2の2機を持っていつもの河川敷公園に出かけました。
天気も良く無風の絶好のコンデションでの飛行になりました。


Tarot TL130H2はHawkeye Firefly マイクロ アクション カメラを購入したので取り付けて飛ばして見ました。

カメラの重量は16g程度なので飛行に影響はほとんど無く安定して飛ばすことが出来ました。通常10分の飛行時間が9分になりました。
カメラの操作を良く理解していなかったので飛行動画は撮れていませんでした。

カメラの操作はパワーボタン長押しで電源ON・OFF、短押しでスタート・ストップの1ボタン操作になっていて、MODEボタンで解像度切り替えでした。



Diatone 2018 GT-M3 130は自宅では問題なかったと思ったのに、今回もブザー鳴りっぱなしなっています。

今回もブザーにシールを貼ったままの飛行になりました。
前回の設定変更でロールやフリップはクイックに決められるようになりました。
ANGLEモードでの動きも良くなりました。

NAV HOLDやNAV RTHも正常に動作して安定した飛行が出来ています。

NAV HOLDモードでは移動可能ですがスティック中立でブレーキが掛かり、少し惰性で進んだ分だけゆりかごのように元に戻って停止する動きです。

Turnigy nano-tech 450mAh 3S 11.1V リポバッテリーでの飛行時間は急激なパワーダウンは感じられなかったので12分で切り上げました。
TATTU 450mAh より8g軽量なので飛行時間は少し長くなるようです。
帰宅後の保管充電前のセル電圧は3.2~3.3Vになっていました。



ブザー鳴りっぱなしの原因は自宅で保管充電の電池を接続するとブザーは鳴らないのでバッテリーの電圧設定の問題と思われます。
テスターで電池電圧11.4VがINAVの表示では12.2Vになっており、ConfugurationタブのBattery VoltageのVoltage Scale1100を1036まで下げてINAVの表示を11.4Vに調整しました。

とりあえず自宅ではブザーは鳴らないのですが、飛行場所でどうなるのかテストが必要です。