ファームウエアバージョンアップ

いつもの河川敷公園にファームウェアバージョンアップ後のテスト飛行に行きました。

Sky-Hero AnakinとDiatone Grasshopper 160とBLADE180の3機を持って行きました。

BLADE180もINAV 2.5.1ファームウェアにバージョンアップしたのですが、Sky-Hero Anakinと同じSPRACING F3フライトコントローラーでバージョンアップの失敗が続きました。

INAV2.5.0ソフトから出来なかったので、INAV2.1.4ソフトからファームウェアバージョンアップを行うと出来ました。古いフライトコントローラーは色々試さないと出来ない感じです。

BETAFLIGHTではF3フライトコントローラーは最新ファームウェアの対象から外されているので、最新のファームウエアに無理に更新しない方が良さそうです。

テスト飛行

Sky-Hero Anakinのファームウエアバージョン2.5.1のテスト飛行では、以前のファームウエア1.8.1との違いは感じられませんでした。

設定そのものは変えていないので、当然の結果だと思います。

F3フライトコントローラーは古いフライトコントローラーなので、バージョンアップしても新しい機能が使えるわけでも無いので、バージョンアップの難易度が高いため自信が無い場合はバージョンアップしない方が良いと思います。

Runcam Spritのビデオから切り取った画像です。

いつも使用している200g未満ドローンと比べると安定度が高く、空撮用途に使いたいのですが、ビデオの画質はあまり良くありません。

着陸後のOSD画面です。

今回は3S 11.1V 2200mAhバッテリーを使用したので、約10分の飛行になりました

いつもの河川敷公園は民家が近いのと、280クラスの機体には狭いので最高速度は55km/hになっています。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ドローン・UAVへ にほんブログ村